骨盤起こし、多少慣れてきた。でも胸はゴリゴリ固まったまま。

最近取り組み始めた骨盤起こし、多少慣れてきた感じがする。

 

といっても、胸の周りはゴリゴリと固まったままで、果たしていつ胸割りという現象が起こるのか、全く期待できない状態だが。

 

しかしまあ、慣れてくると、思ったより簡単な感じがしてきた。

 

というのも、とにかくまず痛みが出ない状態から、体を起こしていけばいいので、腰を反らして痛くしたりしなくて良いところが素晴らしい。

 

今まで、姿勢を正すというと、なんか無理から背筋を伸ばす必要があったのだが、骨盤起こしの場合は、ダラッとした状態をキープして起こすだけだから、身体を無理に緊張させなくて良い。

 

この辺が続けやすい要因だろうね。

 

ただ、開脚してこれをやるのは、まだちょっと痛い。

 

足湯器のひえとり君に足を突っ込んでやっているときは、何にも感じないけれど、足を出して開脚してやると、股関節や腰椎に負担がかかる。

 

開脚してやる方が、骨盤の前傾・後傾の感覚がよくわかるので良いなと思うんだけれど、いかんせん、股関節が硬い。

 

開脚して骨盤を立てたり前傾させたりする方が、腹に力を入れやすいし、息も下腹に入る感じがして、上体の力も抜けやすいんだけれど、やっぱり腰に来る。

 

最初から大きく開脚しないで、適当な広さに足を広げた方がイイのかな?

 

 

それから胸はやっぱり固まったままだ。

 

もう少し動くはずだと思うのだが、やっぱりダメ。

 

ゆる体操なんかで、胸をサモンして揺すったりしても、全然ほぐれない。

 

これってしばらくしたら、多少は柔らかくなるものなんだろうか?

 

まあ、始めたばかりだし、徐々にやっていこうかと思うが、はやく胸がバキバキっと割れるというのを体験してみたいモノだ。

 

まあそれには、立っているときや歩いているときも骨盤を起こしておかないといけないんだろうが。

 

この辺はまだまだうまく行っていない感じがする。

 

あとは、上丹田は、どこを意識したら良いんだろう。具体的な骨と行っても、頭蓋骨しかないけど。

 

この辺がまだ、ちょっと疑問だね。まあそのうち解決するとは思うけれど。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加