タイガーアイ、もう一個注文する。

タイガーアイのブレスレット、多少慣れてきた。

 

「石当たり」するという話をネット上で読んで、どんなものかな?と思って安いブレスレットを買ってみたが、多少かゆくなる程度で問題はなさそう。なので、もう少し大きな8ミリ玉のブレスレットを買うことにした。

 

それから健康・美容に良いとされるラピスラズリも欲しいなと思って、安いブレスレットも買うことにした。

 

どっちもパワーストーン価格比較サイトでみつけた千円以下の商品だが、私の場合、健康運や金運目的だし、男だから、特に石の美しさにはこだわらない。だから、安いもので充分だろう。

 

タイガーアイは強い邪気払い効果が期待できるそうだし、とにかく今は、邪気を払って健康を取り戻すことに専念だ。

 

(因みに今日は、冷蔵庫周りの掃除をした。結構汚れてたね。)

 

さて、代表的なパワーストーンとしては「水晶」が上げられるが、水晶にもさまざまな種類があるという。

 

ただ、いろんな名前が付いているので、何が何だかよくわからない。

 

よく「ロッククリスタル」と呼ばれている石は、石英、水晶、クオーツ、クリスタル、といったさまざまな別名で呼ばれているが、元素としては二酸化ケイ素(SiO2)だ。

 

これってかなりどこにでもある元素なんだけれど、これが結晶してできたものが石英だ。

 

その中で、無色透明の結晶のものを「水晶」と呼んでいるらしい。結晶構造は6角柱形だ。

ただ、色の付いた水晶が色々あって、

  • ミルキークオーツ
  • ローズクォーツ
  • シトリン
  • アメシスト
  • アメトリン
  • スモーキークォーツ
  • レモンクオーツ

なんていうのがある。

 

なので色付きの他の水晶と分類するために、無色透明の水晶は「白水晶」と呼ばれることもある。

 

英語では、石英のことを「Quartz(クオーツ)」、水晶のことを「RockCrystal(ロッククリスタル)」と呼んでいて、クリスタルというと水晶の大きな結晶ってコトだね。

 

この水晶は、全てを清め浄化し、幸運をもたらすパワーがあると信じられていて、大きな水晶玉は占いに用いられたり、また数珠や念珠によく使われている。

 

欧米では、建物の基礎の中に埋め込んだりするようなこともあるようだが、これって日本で家を立てるときに、あちこちに炭を埋めるのと似てるね。

 

ただ、個人的にはあまり水晶は好きではない。なんかもう、ビニールと大して違う感じがしないんだ。

 

無色透明だから、ブレスレットやネックレスにすると、ヒモの色が透けて見えたりして、この辺もちょっと興ざめの感じがあるね。この辺はもう、まったくの個人的感想だけれど。

 

色つきの水晶なんかは、ちょっと良いなと思うけど。色彩の効果っていうのが魅力的だ。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加