水晶、クリスタルとは?

水晶は、室内や身体を浄化するのに効果があると言われる。

 

水晶は、邪気を吸い込んでくれるというふうに、よく書いてあるが、ホンマかいな?

 

昔から、世界中で、宝石や稀石には、特別な力があると信じられてきたわけで、たとえばヨーロッパでは、「紫水晶」は毒や魔術を防いでくれる力があると信じられてきたそうだ。

 

アステカ文明やマヤ文明でも、呪術のツールとして「ヒスイ」が使われてきたらしい。

 

こういう宝石パワーが、アメリカ発でヒーリング効果を手軽に得られるモノとして世界中に広まった。で、ヒーリングのパワーが特に大きいと注目されたのが「水晶・クリスタル」だということだ。

 

その効果は「クリスタルパワー」といわれて、占星術者によって日本に紹介された。

 

その結果、日本でも"パワーストーンブーム"が起こって、高価な宝石類とは別に、従来はクズ石扱いされていたモノがそこそこの価格で売れるようになってきた。

 

その後、ブームは去ったが、近年「石の浄化力」について注目されだした。

 

パワーストーンの代表としてまず思い浮かぶのが、「水晶・クリスタル」だ。

 

クリスタルは、鉱物名としては「石英」とも呼ばれる。御影石の中にも、ちっちゃなヤツが紛れ込んでいるね。

 

元素としては、二酸化ケイ素の結晶で、六角柱の形の自形結晶を形成するが、大きな結晶の石英のことを、水晶やクリスタルと呼んでいるらしい。古文などでは「玻璃(はり)」と言われ、貴重なものとされていた。

 

水晶は、長い年月をかけて、徐々にその美しい六角形の姿を作り上げながら成長する鉱物だが、面白い特性がある。

 

というのも、水晶は温度などの外部条件に全くと言っていいくらいに影響を受けず、規則正しい一定のリズムで振動するのだ。

 

温度というのは、分子の運動であり、温度が高いということは分子運動が激しいと言うことである。が、水晶は温度が変化しても規則正しい振動を保つという不思議な鉱石なのだ。

 

現在、一部の高級時計以外はクオーツ時計だが、これはこの水晶振動子を組み込んでいる時計だ。

 

この規則正しい振動効果によるものかどうかはわからないが、水晶には、環境浄化や人間の感情をコントロールできる働きがあると言われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る