浄水器、手に入れました。

口臭のレポートを読んだ。

 

口臭解消に取り組んできた方のレポートで、どうやったら口臭がなくなるかという話である。

 

詳しいノウハウは有料で販売しているのだが、その無料レポートのようなモノをもらって読んだ。

 

そうしたら、口臭というのは、複合的な原因で起こっていて、どこの医者に行けばいいか分からないんだとか。

 

もちろん日本中を探せば、口臭専門の部局もあるのだろうけれど、口臭の原因というのは、胃が悪かったりのどが悪かったり鼻が悪かったり、胃腸が悪かったり、アレルギーだったり、と様々な原因が絡んでいるので、身体全体をよくしないとダメだってことだ。

 

で、そのレポートの中にあったのが、水と歯磨き粉だ。

 

我々現代人は、様々な化学物質の中で生活している。

 

水道水にも様々な化学物質が紛れ込んでいる。

 

水道水というのは、日本の場合、河川から水を取ってきて、それを浄水して水道管を通して我々の所に送ってきたものだからだ。

 

水道水を作るのには、臭いを取ったり、不純物を取ったりと、様々な過程を経ているわけだが、殺菌のために塩素やオゾンと言った気体を添加している。

日本の上水道では蛇口地点で塩素が0.1mg/L以上含まれていなければならないという規定があり、下痢などを起こす大腸菌や赤痢やコレラなどのバクテリアを繁殖させないためだ。

 

それはまあ妥当な施策なんだろうけれど、だから家庭の水道水の蛇口をひねったら、塩素が必ず入っているワケやね。

 

この塩素、殺菌のために入れられていて基本的には毒だから、実は人間の身体にも良くないわけだ。

 

もちろん大腸菌や伝染病のバクテリアの入った水を飲むよりはマシだけれど、からだには多少なりの負担がかかる。そして腸内の菌のバランスにも影響する。

 

そのほかにも水道水にはトリハロメタンや鉄さびなどの不純物が混入しているので、こちらも身体に悪影響がある。

 

毎日こういう汚れたモノを一日に何リットルも飲んでいれば、身体が悲鳴を上げて口臭をひどくしてしまうと言うわけだ。

 

ということで、浄水器をネットで手に入れてみた。
東レのトレビーノというヤツだ。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加