シルクのフンドシ、買いました。

シルクのフンドシ、買いました。

シルクのフンドシ、買いました。

褌(ふんどし)を買った。

 

いわゆる「クラシック・パンツ」と言うヤツだ。

 

ここ数年は、シルクサテンのトランクスを主にはいていたのだが、最近どうも、このシルクサテンのパンツが窮屈に感じてきた。

 

なので、もっとゆったりしたパンツがないかなと思って、色々ネットで探していたのだが、そんなおり、シルクの褌というのがあるのに気が付いた。

 

そう言えば、50になるまで、ふんどしというのは一度も締めたことがなかったな。

 

子供の頃に一度か二度あったかも知れないが、全く記憶にない。

 

これも何かの縁だから、一度試してみた方がいいかなと思って、注文してみた。

 

で、届いた商品は、正絹のフンドシ。35センチ幅で、長さは114センチ。

 

ウィキペディアの記述を見ると、フンドシは長さによって、

  • 六尺フンドシ(2メートル以上)、
  • 越中フンドシ(1メートル前後)、
  • もっこフンドシ(70センチ以下)

と言う風に分けられるらしいので、分類上は、越中フンドシと言うことになるらしい。

 

フンドシを締めると、腰回りがムズムズする
で、さっそくはいてみた(というか締めてみた)

 

どういう風に締めればよいのか、細かいところはよく分からないが、とにかく締めてみた。

 

そうすると、なんか前の部分がやたらに長い。膝くらいまで垂れ下がる。

 

何でこんなに長さが必要なんだろう?と思うが、ヒモを結ぶ高さを高くすれば、ちょうどいいって事かも知れない。

 

で、最初の感想だけれど、腰の周りに意識が行くね。

 

ズボンのバンドが当たるくらいの部分がスースーすると言うか、このあたりのコリが気になるというか。

 

実は以前から、パンツのゴムがキツすぎたので、3列くらいあるゴムをハサミで切って、ゴムを一本にして履いていた。

 

年をとるにつれて、キツいゴムに耐えられなくなってきて、そう言う風に改造して履いていたのだが、フンドシなら、ゴム自体がないわけで、これはいい。

 

最近、椅子に腰掛けるときも、太股の裏側に重心を持ってくるように座っているが、全くじゃまにならないし、気にならない。

 

これは期待できそうだ。フンドシに興味のあるヤツは、続報を待て。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る