寝室環境を、もう一度見直そう!

快適な睡眠というのは、何物にも代え難い快感だという。

 

睡眠は快適であれば、素晴らしいマッサージであり、素晴らしいヒーリングである。

 

そして睡眠を快適なものにするには、寝室の環境を整えることが、とても重要になる。

 

明かりが明る過ぎたり、周りがうるさかったりすると、脳が刺激されてしまい、入眠が難しくなる。

 

また、寒過ぎたり暑過ぎたりしても、熟睡することができない。

 

というわけで、部屋の温度や湿度に気をつけることも、安眠の重要な条件なのだ。

 

寝室は、1日のうちで長い時間を過ごす場所である。

 

眠るためだけの部屋として、リラックスできる空間をつくるためには、インテリアにこだわったり、部屋の雰囲気を工夫してみる必要がある。

 

もしかすると、それだけで、快適な睡眠ができるようになるかもしれない。もちろんそれはかなりラッキーなことなんだろうけど。

 

夜の間というのは、生活音が少なくなるので、わずかな小さな物音でも入眠できない原因となる可能性がある。

 

屋外や隣の家の騒音が気になる場合は、サッシを二重にしたり、雨戸を閉めたり、カーテンを厚手のものに替えて、防音対策を図るのも一策だ。家族で協力して快適な空間をつくることが、非常に大事だ。

 

また、温度や湿度を調整することも大切だ。もっとも理想的とされる室温は、夏では25℃くらい、冬は15℃くらいだという。

 

湿度は、季節を問わず50%といわれているようだ。エアコンなどを使って温度を調節するときの目安は、冷房なら25〜28℃、暖房なら18〜22℃くらいだという。ただし、冬場は空気が乾燥するので、ずっと暖房をつけ続けないで、換気や保湿器などで湿度を調整する必要がある。

 

このように、寝室を少し工夫することで、快適に眠ることができる場合もある。
寝室の環境を見直して、自分のもっとも落ち着く、快適な雰囲気の寝室にしてみよう。

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
houbi(宝美) LULUSIA-ルルシア- フェイスマスク タイアップLP みんなの肌潤風呂