育毛剤に入っているモノとは?

育毛剤に入っているモノとは?

育毛剤に入っているモノとは?

育毛剤に入っている成分には様々なものがあるようです。

 

頭皮の状態は人様ざまですので、目的別にいろんな成分があり、いろんな効能があります。

 

自分の頭皮の状態、健康状態、それから髪の状態を把握して使う事で、育毛の成果も違ってきそうです。

 

さて、育毛剤の効能は、頭皮殺菌、不必要な脂質の除去、保湿、血液促進、毛母細胞活性化、抗炎症、栄養補給などと言ったものだそうです。

 

これって女性の美容液のようなモノと同様ですね。肌の手入れに必要なモノは、頭皮にも必要だと言うことでしょうか。

 

育毛剤には、いろんな効能が書かれていますが、その中からいくつか成分をピックアップします。

 

まず血行促進に良いというのが、ミノキシジルと言う成分です。

 

世界的に認められているミノキシジルは頭皮全体の血行を良くする効果が確認されているといいます。

 

 

毛母細胞の活性化に良いというのがビチオンです。

 

これはビタミンB群のひとつで、ビタミンHとも呼ばれます。

 

脱毛や白髪対策に有効で、タンパク質、糖質の代謝に働いたり乳酸菌発育を促進したりするそうです。

頭皮殺菌に良いというのが、イソプロピルフェノールというフェノールで、殺菌、消毒の効果があり頭皮の殺菌に使われています。

 

脂質除去に使われるのが、イオウです。イオウにはなんと、余分な皮質を除去する効果があるそうで、育毛剤だけでなくスキンケア用品などにも使用されているといいます。

 

また脂質除去に関連して、ビタミンB6も過剰な皮脂分泌を抑える働きがあるそうです。

 

スキンケア用品にも広く使われていますね。

 

炎症を抑えるためには、グリチルリチン酸ジカリウムと言うのが配合されています。これは「甘草(カンゾウ)」という漢方薬の主成分ですね。

 

これはかなりいろんな薬に配合されています。これで頭皮の炎症防止だけでなく、フケや痒みも抑えられるそうです。

 

栄養補給剤として使われるのが、アセチルメチオニンと言うものです。これはアミノ酸の一種です。

 

保湿に使われるのが、キトフィルマーという成分で、キューティクルを保護して、枝毛や切れ毛を防止します。

 

ただし、これらは育毛目的で配合されている成分です。

 

頭皮というのは化学薬品が浸透しやすいところですので、頭皮に付けてしばらくしてめまいがしたり吐き気がするような場合は、すぐに使用を中止しましょう。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加