子供のいびきは、危ない?

睡眠障害にもいろんな種類がある。いびきもその一つだ。

 

特に子供が大きないびきをかいて寝ているようだと、睡眠障害かも知れない。というのも本当に健康的な子供は、いびきをかくことなく、朝までスヤスヤと眠るからね。
子供が毎日のようにいびきをかくのは、質の悪い睡眠である証拠で、身体に何らかの不調があることを訴えている場合がある。

 

まず第一に考えられるのは、鼻炎。いびきの原因が鼻炎にあるかもしれない。

 

それから口呼吸。日常的に口で呼吸をしている子供や鼻がよく詰まる子供、歯並びが悪い子、栄養のバランスが偏っているような子供が、よくいびきをかくという。

 

子供は大人に比べ、もともと上気道が細くできているようなので、問題があると大人よりもいびきをかきやすくなっているようだ。

 

いびきをかいているようなときは、十分な酸素が、体の中に行き渡らない。

 

寝ている間には、身体の新陳代謝を進める成長ホルモンが分泌されているので、これは困る。

 

特に子供の場合は、よく睡眠をとることによって脳が発達し、それと同時に、筋肉や骨も成長するのだから。

 

いびきによって、血中酸素が不足してしまうと、身体や精神の発達において、大きな影響を与えてしまう。

 

また、昼間にぼーっとしてしまって、記憶力や集中力が低下してしまう。

 

情緒不安定で友達と遊ぶのが苦手になったり、家に閉じこもるようになる場合もあるらしい。

 

このように、子供のいびきには注意した方が良いようだ。大人同様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群症候群になり、最悪の場合、突然死に至ることもあるんだそうだ。

 

昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性もある。

 

子供さんのいびきや無呼吸に気づいたら、すぐに対策をとる必要があるので、すぐに耳鼻科などに連れて行くべきだろう。

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
houbi(宝美) LULUSIA-ルルシア- フェイスマスク タイアップLP みんなの肌潤風呂