足湯機・ひえとり君、冬はもう手放せない。

足湯機・ひえとり君、冬はもう手放せない。

寒くなってくると、足湯機(ひえとり君)が手放せない。

 

私の場合、男のクセに身体がとても冷える。

 

一時期は、夏でも絹の五本指の靴下が脱げない状態で、何年もそう言う状態だった。

 

だからもう、本当に冬の寒さは辛かった。

 

で、6年前だったか、秋頃に本当に寒さが骨身に染みて、思い切って4万円もする足湯機を買った。

 

というのも、冷えを取るには足湯が良いという話を見つけたからだ。

 

ところが家で足湯をするというのは、難しい話だった。

 

最初にやったのは、バケツを買ってきて、お湯を注ぐというやり方。これはもう、すぐに冷めてしまってダメ。それにお湯の温度の調整がかなり難しい。

 

その次にやったのが、1万円弱で買ったフットバスというヤツ。

 

これは保温機能はあるからいいかな?と思ったのだが、気休め程度。寒い冬には全く役立たない。まあ、足を暖める目的のモノじゃないから、仕方がないけれど。

 

で、ネットでいろいろ調べたところ、44度まで温度を上げられる足湯機があるという情報を見つけた。それが『ひえとり君・スーパーマイコン』という足湯機だった。

 

hietori-01.jpg
↑ひえとり君。

 

最近は赤外線式の足湯機も出ているが、当時はそう言うモノは殆ど無かった。

 

赤外線式の足湯機って、結局のところ、赤外線のこたつと一緒なんだろうけど、机に座って使えるところが利点だ。

 

お湯も使わないので、お湯が汚れたからとって取り替える必要もない。このへんも良いところだろう。

 

ただし、こたつと一緒で、温まり方にムラができるし、何より微妙な温度調節ができない。

 

高い温度の足湯が好きな人や、低い温度の足湯がイイと思っている人など、微妙な調整が難しい。

 

ひえとり君を使っているとわかるが、たった1度の違いでも、かなり暖かさや熱さは違う。

 

42度だと普通に温かい。43度だとちょっと熱い感じだが、44度だともうかなり熱く、足も真っ赤になる。

 

また、体調によっても、お湯の感じ方は違う。体調が悪いときは43度でもぬるく感じるし、良いときは42度でも十分だ。

 

だから、温度の微調整が可能な方が、体調を整えるのには良いだろう。

 

ひえとり君は、こんな感じで、44度まで設定できるので、本当にありがたい。

 

『ひえとり君・スーパーマイコン』は、自信を持ってオススメする。

 

4万円弱は、ちょっと足湯をしたい人には高く感じるだろうが、冷えに困っている人には、安い買い物だ。

 

わたしももう6年も使っているし、これ無しでは過ごせないね。

 

 

冷えとり君 足湯機を楽天市場で探す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る