タラソテラピー、家でできないか?

タラソテラピー、家でできないか?

タラソテラピー、家でできないか?

昨日、ふとタラソテラピーのことを思いついた。

 

タラソテラピーというのは、海洋療法などという和名がついているが、海につかったり、海のそばで生活したりすることで、体調の改善をねらう療法だ。

 

昨日買った本には、三段階で体質改善を行うという方法が書いてあって、まず第一段階は、デトックスだという。

 

デトックスというのは、いわゆる「毒抜き」で、悪いモノを取り除くと言うことだ。

 

そのために、部屋の片づけや掃除、盛り塩など、風水などでおなじみの作業をまずやれと書いてある。

 

ただそのほかに、風呂へ入ってイメージ呼吸方法を行うとかいう方法もかいてある。

 

一方、海の浄化力についても言及していて、サーファーや海辺で働いている男女が健康的でモテるのは、海の浄化力で悪いモノが浄化されているからではないかという。

 

著者の経験からも、海で泳げば確かにかなりクタクタになるが、休息を取ったあとの爽快感というのは、特別なものだとある。

 

となると、海へ行ってみるか...ということになるが、海開きはまだだし、金もない。

 

なので風呂に塩でも入れて、海水浴気分でも味わえば、体に良いのではないか? っと思ったわけだ。

で、早速風呂を沸かして、適当に塩を入れてみたが、どうも海水の塩辛さとはほど遠い。

 

コレは一体どういう事なんだろうと思って、海水の塩分濃度を調べてみたら、約3.4%だという。

 

1キログラムの海水だと、35グラム!

 

1キログラムの水の体積は、約1リットルだから、リットルあたり35グラム!

 

浴槽の容積は、約200リットルだそうなので、かけ算すると約7キロの塩が必要だ。

 

こりゃ、ウチの狭い風呂でも、ちょっと難しいね。

 

一方、人間の体液の塩分濃度を調べてみると、約、0.9%。

 

こっちの濃度ならどうか?

 

こっちだと、1リットルあたり9グラムの塩が必要だから、容積200リットルだと、1.8キロ。

 

ウチの狭い風呂なら1キロくらいでもいいんじゃなかろうか?

 

にがりの入った塩でも1キロ100円くらいで売ってるから、やってみる価値はありそう。とりあえずやってみようか。

 

ただ、塩分はサビの元にもなるので、風呂釜が傷まないように気をつけないといけないけどね。

 

タライにお湯を張って、それに塩を入れて足湯をするくらいが関の山かな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る